HOME » 50代からの基礎化粧品の選び方

50代からの基礎化粧品の選び方

50代になると、お肌の悩みはそれまでと比べると、あきらかに増えてきます。もちろん、年齢を重ねて変化が出てくるのは当たり前ですし、必要以上にその変化を嫌うことはないと思います。

ただ、やはり日々のお手入れで、お肌の元気を維持できるのであればそれに越したことはありません。では、50代のお肌が必要としているものは何なのでしょう?

50代のお肌に必要なものとは?

それは「乾燥から守る」もの

お肌の乾燥はシミにもシワにもよくありません。乾燥した肌は弾力がなくなるのでたるみにも関係します。肌表面が乾燥していると、バリア機能も低下するので敏感になりやすく、トラブルが出やすくなってしまいます。とにかく悪い影響だらけなのです。

具体的に、保湿作用がある成分というと、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミド、などの保湿成分、アミノ酸など肌の細胞の元にもなる成分、イソフラボンなどの植物性女性ホルモン様成分が挙げられます。

さらに、肌老化の原因となる活性酸素に対抗する、フラーレン、アスタキサンチン、細胞の再生にかかわるといわれるEGFなど、日々新たな成分が基礎化粧品に投入されています。

もちろん、レチノール、ビタミンCなどのビタミン類も効果があります。

毎日続けられるものを

お肌の元気は、続けてこそ手にはいるもの。思いついたようにスペシャルケアをするよりは、毎日、きちんと続けることが大切です。

そのために、忙しい方であれば、できるだけシンプルなステップのものを選ぶとか、好みのテクスチャーや香りのものを選ぶことも必要でしょう。コスパも重要なポイントです。

そしてまずは、トライアルキットでお肌に合うか、使い心地、効果などを確かめてみることをおすすめします。

▼ 50代に本当に最適な基礎化粧品はどれ?▼

エイジングケア成分やコスパ、手軽さ、口コミで比較!